輸送の安全に関する基本方針

当社の企業活動の中で「安全の確保」は全てに優先します。
経営トップは、このことが社員に浸透するよう絶えず努めなければなりません。
全社員は、「輸送の安全性」が向上するよう絶えず努めなければなりません。
運輸安全マネジメントの取り組み状況は、社内外に公表します。

2020年4月1日 策定

共同技研株式会社
代表取締役社長 酒木 悠次

取り組み状況

基本方針にもとづく目標

  • 人身事故 0件
  • 物損事故 0件

目標達成のための計画

  • 特定のドライバーに負担がかかりすぎないよう、負担を分散できる体を構築する。
  • 安全運転に関わる知識、技能を向上させる。
  • 点検整備の確実な実施により、車両異常を早期に発見し、早期に対応する。
  • バックカメラを導入する。

輸送の安全に関する目標達成状況

取り組み初年度のため、昨年度の実績無し

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する情報

取り組み初年度のため、昨年度の実績無し

基本方針にもとづく目標

  • 人身事故 0件
  • 物損事故 0件

目標達成のための計画

【経営陣】
・組織全体に「事故を起こしてはならない」の意識を浸透させる
・必要な人員配置と予算配分を行う

【ドライバー】
・定期的に教育を受講し、安全運転に関わる知識や技能を向上させる
・時間に余裕をもって行動する

【運行管理】
・特定のドライバーに負担がかかりすぎないよう、負担を分散できる体制を構築する
・運行管理システムの導入等により、時間管理の精度を向上させる

【車両整備管理】
・定期点検の確実な実施により、車両の異常を早期に発見する
・バックカメラやサイドカメラを導入する

輸送の安全に関する目標達成状況

年度目標結果備考
物損事故1件目標未達成(目標0件)
人身事故0件目標達成(目標0件)


自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する情報

年度実績事故発生件数1件
行政処分等無し